江戸の京むすめ「第13回 お風呂ダイスキ! 」

ハルウララはまーた負けちゃいました。そして日本の春は何処かへ隠れてしまいました。寒いですねぇ・・最高気温10度って何やねんっ(怒)。

こんな寒さ続きの日にはお風呂が一番ですね。

bath

自己紹介文でも述べていますが、実は私、飲食業界に身を置いて7年の接客屋です。一昨年くらいからでしょうか。自身の勉強とリラクゼーションを兼ねて、月に一度、シティーホテルのメインダイニングで夕食、バーでディジェスティフ、そして宿泊・・と、そんな夜を過ごす事にしています。

しばらく仕事に感けてそんな儀式?を怠っていた私ですが、2月の中旬にインターコンチネンタル東京ベイのクラブフロアへお邪魔しました。

クラブフロアとは20階から上の階で、チェックインも専用デスクで行え、またクラブラウンジでの飲み物はアルコールを含め全てフリー。カクテルタイムにはオードブルが振舞われます。朝食もこちらで頂けます。

そして宿泊したのはお部屋からもお風呂からも海(レインボーブリッジ含む)が見える、ベイビューのダブルです。

みなさんはお風呂で何をしますか?またどれくらいの時間を過ごしますか?ただ身体を洗って浴槽に浸かるだけ?10分から20分?私も普段はカラスの行水程度なのですが、その時ばかりは飲み物を持ち込み、約1時間ものんびりしていました。

素晴らしいのは夕方から夜に掛けての夕暮れと、日が落ちてからの夜景。お台場やレインボーブリッジのネオンが綺麗でした。さらに当たり前のようで感動したのは、バスタオルが1人につき2枚置いてあった事です。(1人1枚が普通ですよね?何故か)

ちなみに関西では阪急インターナショナルさんのお風呂からも夜景が望めますが、海沿いの旅館さんやホテルさんでも、お部屋のお風呂を海側に置いていらっしゃる所は多くないようで・・まして都内となるとお風呂に窓がある事自体が稀ですよね?

実は今新しい家(マンション)を何気なく探しているのですが、お風呂から夜景が見える物件なんて・・やっぱり億ションくらいでした(笑)。会社の事務所として借りてよ~って頼んでみたら敢え無く却下されました(泣)。

お風呂に入る時はみーんな裸。時計を外して、服を脱いで、お化粧を洗い流して・・一番自分らしい自分に戻れる時間なのかも知れません。私の友人は仕事が忙し過ぎて奥様と食事さえ一緒に摂れない為、
せめてお風呂には一緒に入ろうと心掛けているらしいです。子供とお風呂に入る時間だって、親子の大切なコミュニケーションの場ですよね?今も残っているんでしょうか・・日本には“裸の付き合い”と言う言葉もあります。

みなさんはお風呂を楽しんでいますか?

ナミ

ナミ

東男の父と京女の母の元、途中まではお嬢様教育を施されたお転婆ワガママ一人っ娘。京都生まれの京都育ち、27歳。自称レストランサービスコーディネーター(自分で作った職業名)。 仕事=趣味の生き方が災いしてか、度重なる縁談にも縁がなく独身。イギリスではパブでライブを、フランスでは1つ星レストランで異次元な体験を・・そして帰国後に麻布十番から葛飾を経由して現在は江戸川のほとりで暮らしています。さてさて、ここでも素敵な出来事が目白押しの予感・・・。

あわせて読みたい