江戸の京むすめ「第9回 地震、雷、火事、オヤジ・・・」

ドラ●もんに出て来るカミナリさんみたいなオヤジって、最近メッキリ見掛けません。どちらかと言うと、子供を恐がっているオトナが多くなっている感もあります。そして幸運な事に、未だ火事の被害に遭った事のない私ですが、地震と雷は・・

sky

8月でしたっけ。ものすごい雷の夜がありましたよね。

前にもお伝えしたと思いますが、ウチは川沿い。向こうにはハープ橋や数々の花火を臨む程、見晴らしは結構自慢の我が家です。
が、あの日ばかりはその景観を恨みました。唸る!光る!そして落ちる!見たくもないのに、カーテンを閉めても稲妻の光が差し込んで来るんですから、世話ないです。2度にわたる停電。携帯の電源が切れ、充電も出来ず、つまり恐いのに相方へ電話する事もままならずに、『もーええって・・』って一人、つぶやいていました。

そして数週間が経った頃だったと思います。
今度は地震!

地震の始まりって『これは地震なのか?いや、まさか。』なんて言う自問自答から始まりませんか?しばらく揺れていたならそれが実感に変わりますが、余りにも短時間でよー分からへんかった、ってな時はNHKのニュースで答え合せ。『もしこのまま震災に繋がったらどうしよう』

『何を持って逃げればええんやろう』
『ウチの相方は171(災害ダイヤル?)の存在とか知ってるかなぁ』

色んな事を考えている内に収まりましたが、その後友人たちの間では“東海大地震到来か!?”などと言う情報は飛び交いました。また十勝沖地震や三陸沖地震が連鎖的に起こり、富士山の麓では謎の白煙が上がっている様子・・。日本列島はどうなるんでしょう。

『備えあれば憂い無し』

天災を体験し、またマスメディアで視聴する度に思います。自分はもちろん、大切な人の命を守る為にも、最低限の備えはしておきたいものです。

ナミ

ナミ

東男の父と京女の母の元、途中まではお嬢様教育を施されたお転婆ワガママ一人っ娘。京都生まれの京都育ち、27歳。自称レストランサービスコーディネーター(自分で作った職業名)。 仕事=趣味の生き方が災いしてか、度重なる縁談にも縁がなく独身。イギリスではパブでライブを、フランスでは1つ星レストランで異次元な体験を・・そして帰国後に麻布十番から葛飾を経由して現在は江戸川のほとりで暮らしています。さてさて、ここでも素敵な出来事が目白押しの予感・・・。

あわせて読みたい