江戸の京むすめ「第8回 理想の上司」

阪神優勝!!!

んもー。

泣きましたね。星野さん、男前ですね。
まだ興奮してますね。どないもこないも、嬉しい!!!

そやからと言うて、暴走したお祝いはあきません。道頓堀の死亡事故はショックでした。セーヌ川にも飛び込んだ人がいはったそうですが・・怪我しあらへんかったやろか。怪我と迷惑がない程度でなら少しくらい羽目を外してもいいと思いますけど。

baseball

斯く言う私の友達(大阪出身東京在住)は仕事を1週間休み、名古屋から甲子園まで阪神を追い掛け、実家に帰った所リストラにあったのではないか、との疑惑が浮上し、お祝いどころかご両親からのお説教に揉まれていたとの事です(笑)。

Kちゃん!阪神百貨店のお土産待ってるえ!

18年前、私は小学生でした。

当時バース選手が大好きで、クラスメイトの男の子にもらった野球カード(集めてました?)を大事に筆箱の中へと閉まっていたものです。時が過ぎ、高校生・・。

中込投手が大好きでした。99番・・生写真持ってました。抱かれたい男No.1でした。今?今は矢野捕手ですよ。カッコええ!笑顔にしびれます。相方とどっちって・・そんなん・・

優勝の瞬間、私は生まれて初めてのちゃんこを食べていました。『はよせな優勝決まるから!』言うて、大急ぎで食べて乗り込んだ車のテレビをつけたら・・既に星野さんのインタビューが始まっていて、相方と2人、涙ぐみながら聞き惚れてしまいました。

ご覧になった方も多いでしょう。
『選手にもう一度温かい拍手を。』

自分の力やないと、選手一人一人が頑張ったからやと。
『勝ちは選手の努力。負けは監督の責任』やともおっしゃっていました。
こないな人・・皆さんの周りにいはりますか?

私がまだペーペーのウエイトレスやった頃、
『どんどん失敗して来い!責任はワシが取る!』
って言うてくれたはった支配人を思い出しました。

理想の上司・・・。因みに去年の統計やと、1位が北野武さんで、2位が所ジョージさん、3位に星野仙一監督が入ってました。

ついでにこの間テレビの番組で取り上げられていたアメリカの某企業をご紹介します。

そこは『理想の職場』と言われる場所。先ず、社員一人一人に個室が与えられています。

そして社内には米国内でベストフード賞に選ばれた事もある社員食堂や、さらに社員だけでなくその家族も無料で利用出来るジム、テニスコート、プール、カルチャー教室などが完備。

フレックスタイム制なので、社員は自分でスケジュールを組み、時間を見繕っては自由に利用できるそうです。もちろん保育施設も併設されていまず。前出の社員食堂では子供も一緒に食事が出来るので、共働きでも子供に寂しい思いをさせずに済みます。また、育児、夫婦関係など問題があればカウンセラーが相談に乗ってくれます。実際にお子さんの進路相談に訪れているご夫婦も映し出されていました。

インタビューで会長はこうおっしゃっていました。『社員は貴重な財産。こちらが環境を用意すれば彼らはその期待に応えてくれる。』

私もそろそろ人を雇い業務を振り分ける立場になって来ました。だからこそ私は星野さんやその会長さんを見習いたいです。成果はみんなのモノ。失敗は経営部の責任。スタッフこそが財産で、私は彼らに対してよりよい環境を提供するべきやって。

頑張ろうっと!

ナミ

ナミ

東男の父と京女の母の元、途中まではお嬢様教育を施されたお転婆ワガママ一人っ娘。京都生まれの京都育ち、27歳。自称レストランサービスコーディネーター(自分で作った職業名)。 仕事=趣味の生き方が災いしてか、度重なる縁談にも縁がなく独身。イギリスではパブでライブを、フランスでは1つ星レストランで異次元な体験を・・そして帰国後に麻布十番から葛飾を経由して現在は江戸川のほとりで暮らしています。さてさて、ここでも素敵な出来事が目白押しの予感・・・。

あわせて読みたい