男の気持ちがわからない貴女へ…「第7回・愛される技術は学べるか!?」

突然ですが、皆様に問題です。

本コラムにおいて、(ちょ~)プチリニューアルが成されました。さぁ、どこが変わったでしょうか・・・????????????????????よ~く、ご覧下さい。お分かりになった方はいますでしょうか。(そんな貴女はマニアック!笑)

実はワタクシ、つい先日28歳の誕生日を向えました。(パチパチ!)プチリニューアルとは、冒頭の私の年齢が変わった(だけ)のでした・・・、すいません。引き続き赤裸々なオ・ト・コ・ゴ・コ・ロを語っていければと思っておりますので、皆様よろしくお願い致します。

・・・さて、

皆様は以下の本をご覧になったことはありますか?
(ちょっと電車の中で読むには恥ずかしいですが・・・)

モテる技術 (ソフトバンク文庫)
デイビッド・コープランド ロン・ルイス David Copeland Ron Louis
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 2,058
愛させる技術 (ソフトバンク文庫NF)
デイビッド・コープランド ロン・ルイス
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 213,780

上記以外にも、『サティスファクション』等、恋愛やSEXについてのハウツー本、最近流行ってますよね。そこで、ふとした疑問がワタクシ浮かんできました。技術さえ学べば”愛される女”になれるのか?・・・と。

愛される技術ってあるか?

1人で考えるにも限界があるかなぁと思いまして、他人の意見も聞いてみようかと、とある飲みの場で討論始めちゃいました。ちなみに、他の面子は以下の3人でス。

bar-whiskey

T村M和 : 年上キラーを襲名、某テレビ制作会社所属
E尻N彰 : 好みのタイプは3歩下がって歩く女性、台場にある某テレビ局勤務
U田K也 : 恋人と結婚相手は違うと言い切る!、翔会社後輩


翔 「ところでさぁ、最近周囲にモテモテの女の子っている?」
U田 「考えてみるとあんまいないかも、結構結婚してる女の子も増え始めてますし・・・」
E尻 「俺はねぇ、結構綺麗で、雰囲気もあるのに、何故か男っ気がない人なら知ってる(笑)。 なんか、最終的なところで固いんだよ。距離感が遠いって言うかさ」
T村 「でもさぁ、そういう人も年下から見たらいいんじゃない?大人の女って感じで・・・」
E尻 「同じ人でも周囲の環境によってモテたりモテなかったりは確かにするかもな」
翔 「皆が考える愛される女の条件とか、ドキっとする行動てある?」
T村 「俺ね、意外と女の子から何気なく触れられると弱いかなぁ、例えば、肩にすっと手を乗せられるとかね」
U田 「それわかります!あと目を見つめられたりしても割とそうなります!」
T村 「そうそう」
E尻 「言葉は悪いかもしれないけど、やっぱり男にとって適度なセックス・アピール は必要だよね。一緒に飲んでても、こいつとは絶対キスも出来ないなと思ったらすげ~退くもん」
翔 「逆に、これだけは嫌だってのは?」
T村 「結構、勘違いしてる女の子いると思うんだけど、俺的には”つくす系”と”天然系”は最悪!」
U田 「何でですか!?”天然系”の子とかかわいいじゃないですか」
T村 「それは最初のうちだけだって!絶対にうっとおしくなる時がくるから」
E尻 「経験談?」
T村 「ちょっと前に”地図の読めない女”みたいなのがあったけど、俺としてはそれに似たタイプとして”銀行通帳を持ち歩く女”、”ドラマ好きな女”ってのがいるね。どれもマイペースだけど、周囲の空気を読めてない・・・」
U田 「なるほど・・・」
翔 「で、結論としてはどういう女性がモテると思う?」
E尻 「何でもいいから、自分に自信持ってる奴かなぁ。 男に合わせすぎようとして意識しすぎてもダメ!変なコンプレックスを持つ前に自分を磨いて自信を持てる部分を作る。確かに”つくす系”の女ってT村が言うように、色気感じないもんな」
T村 「男女の考え方の違いを知ってる子!
確かに男はセックスしたがる生き物だけど、それを”男は欲求を満たされない不運を持ってる”ぐらいに考えられる子だな(笑)」
U田 「生まれながらの雰囲気もあると思いますけど、化粧の仕方や仕草なんかは個人の努力で良くはなりますからねぇ、僕もそういう意味では自分を磨いてる人かな、一昔前みたいに家庭に入っていい母親にしかならないタイプってのはどうかと・・・」


以上、会話は西麻布「砂漠楼」で深夜まで続いたのでありました・・・。

で、愛される女に法則はあるか?

非常に熱く、長い討論だったものをまとめます(笑)

◆セックス・アピール
最初から”固い女”と思われるのは損です。男は生物学的に多くの子孫を残したいと思うものですから、どうしてもそれに近づけそうな女性になびきます(苦笑)。貴女方は「あの人に愛されるには?」と考えるでしょうが、オ・ト・コどもは「とにかくモテたい!」としか初期段階では考えてません。

◆勘違いしない
”男につくす女”,”天然ボケ”な子はかわいいといった誤解をしないこと。

◆自己研鑽
自分に自信の無い女性は、えてして男性を通して自分のポジションを確立しようとします。「私の彼は○○に勤務してるの」みたいなノリは絶対ではないですが、結構退くオトコは多いでス。つくすだけの女性にならないためにも、自己を磨きましょう。あとは女性版三高(※「第5回・好きだよをオトコが忘れる理由」参照)でスね(笑)!

う~ん、1回ではまとめきれないテーマですね!引き続きリサーチを続けてみまス(笑)報告をお楽しみに・・・

翔

某大手広告代理店営業、27歳、独身。モテ指数は高い・・・? 世にハビコル恋愛論はアマタあれど、オトコ的恋愛論は意外とない。 そこで、オトコの本音をお教えしましょう、あなただけに・・・。

あわせて読みたい