男の気持ちがわからない貴女へ…「第1回・「オ・ト・コ・ゴ・コ・ロ」のススメ?」

皆さん、ハジメマシテ。
翔(しょう)と申します。

今回から、ご縁がありまして、この「まいぷれ」で
『男の気持ちがわからない貴女へ・・・』
を担当させて頂くことになりました。

”ご縁”とはつくづく不思議なもので、とある飲み会でこの話が盛り上がり、(まぁそれなりに紆余曲折はございましたが)気が付いたらこうして第1回目をむかえているわけでス。

osake

まずは初回ということで、簡単に自己紹介なぞ・・・ワタクシ、生まれも育ちも千葉でございまして、長嶋茂雄巨人軍前監督が現役を引退した(我が巨人軍は永久に不滅です!!ってやつですね、この間はプロ野球界からも引退?してましたけど・・・)2週間後にこの世に生を受けました。普段は都内にあります某広告代理店に勤務しておりまして、営業をしておりまス。独身、都内在住で年齢は30歳の大台も見えつつある27歳です。(まだ27?、もう27!?それが問題だ・・・)

何故「オ・ト・コ・ゴ・コ・ロ」か?

世の中にいわゆる「恋愛観」を表現しているものって沢山ありますよね?でも、実はそのほとんどが女性の視点で表現されていませんか?雑誌の恋愛特集、バラエティ番組、ドラマ、映画etcetcetc(まぁそもそもこれらは女性を捕まえないとヒットしない構造なのでショウガナイのですが・・・)

「彼氏がどこにも連れて行ってくれない!」
「何回言っても、合コンにいくのよね!」
「仕事が忙しくて会ってくれないの!」
こんな意見とかセリフってとってもよく見ますよネ!!

(誤解を恐れずに言うと)20代後半というのは、男性においては「仕事」が、女性においては「恋愛」、「結婚」というものが、それぞれの価値観の中において最も比重が重くなる期間なのではと、ワタクシ、個人的に思っておりまス。

まるで、オトコとしては仕事以外の部分へのエネルギー消費量を極力少なくするように、逆に女性は「恋愛」、「結婚」に最大限のエネルギー(執念!?)を費やすようにDNAにでもインプットされているかのごとく・・・

ですから、オトコはますます恋愛というものに関して意見を言う場が少なくなっていきますし、そもそもある程度はどうでもよいと思ってるところがありまス。(元来、オトコは面倒臭がりな生き物だと思うんですよネ)当然、「オ・ト・コ・ゴ・コ・ロ」は女性に間違った形で伝わっていく結果となるのでス。

これは女性にとっても不幸なことですよネ。オトコの本質を見抜くためにもぜひ本音の部分は知っておきたいところではないでしょうか?

とあるモデルの一言

昨年、ワタクシは石井ちゃんという女の子(自称23歳)と仕事をする機会がありました。彼女はモデル、レースクイーン、テレビ番組のアシスタント等を仕事にしており、スタイル抜群、綺麗、そして性格もよく、ナオカツ!! お金持ちの家の娘さんです。丁度、現在フジテレビで放送中の『空から降る1億の星』の井川遥を地でいっているような・・・(いやぁ~、神様って不公平!!)

彼女とは数回ご飯を食べに行きましたが、20代の男女が話すことといえば、モチロン(?)恋愛話。ワタクシ、彼女みないな人種が、どういった恋愛観を持っているのか非常に興味があったので、(どうやったら口説けるかと言い換えてもよいですが・・・、苦笑) 結構いろんなことを話しました。

さぞ、男心をくすぐりつつ、いろんな男性を手のひらで転がしてるんだろうナ、と思っていたのですが、お酒も入り饒舌になった彼女が幾度となく口にしていたこと、
それは・・・
「男って何であぁなんだろう!!」
とか
「男ってわかんない!!」
です。

「▽#%○×$□!!!!!!」(著者の気持ち・・・って全然わかんないですネ)ワタクシ、非常にびっくりしました。仮に、「世の中の男性の注目を集めるピラミッド型階層」(なんじゃそりゃ・・・)を定義した時に、彼女は限りなく、頂上に近い方にランクされると思うのですヨ。

(ちなみに、他に上位の方にランクされるであろうスチュワーデスや女子アナの方々からも同じセリフを聞いたことがあります。)

当然、世間一般の女性たちよりも、(ことオトコに関しては、良くも悪くも) 多くの経験値を積んできてるはずなのに、そんなセリフを吐かれた日には、世間一般の女性たちは「永久に真のオ・ト・コ・ゴ・コ・ロには到達できないじゃないか!!」と、ワタクシ非常に勝手ながら、思ってしまったわけなのでス。。。

ってな訳で(?)本コラムの誕生に到るのです。世の中にあまり出回ることのない、20代後半のオトコの「恋愛・sex・結婚」等に関する本音を、皆様に赤裸々に語っていこうと考えておりまス。

女性が疑問に思う(であろう)オトコの言動や考え方を中心に、それを、生物学的、生理学的、哲学的(?)見地から考察していきます。(別に小難しいことを言うわけではございません、というか言えません。笑)

記念すべき(?)第2回目は最も身近であるが、実は非常に奥の深い「合コン」について考えてみましょうネ。

翔

某大手広告代理店営業、27歳、独身。モテ指数は高い・・・? 世にハビコル恋愛論はアマタあれど、オトコ的恋愛論は意外とない。 そこで、オトコの本音をお教えしましょう、あなただけに・・・。

あわせて読みたい